blog

2021年 薬剤師転職市場はどうなる?

2021年から薬剤師の働き方を含めて転職市場は大きく変化していくと考えられます。

最近では、制限はあるものの調剤補助が認められたりと変化してきています。

それでも地方での薬剤師人数は不足状態が続いており、薬局経営は今まで以上に稼ぐことが難しくなっていくと考えられます。

今までであれば、薬剤師の資格さえあれば就職できたかもしれませんが、これからは何か優れたスキルが無いと転職などの際、選

考から漏れる可能性が出てくると考えられます。

またAIなどの参入も今後考えられるので、薬剤師も働き方を考える必要があり時代についていく必要があります。

薬剤師の多くの割合の方が調剤薬局や病院でお勤めになっていると思いますが、今後 剤報酬も下がる一方で在宅業務は今後、

企業として利益を出すために必須の部門になります。

それに加えてOTCや生活用品で利益を出せる調剤併設型のドラッグストアはこれからの時代とても需要が高まるかもしれません。

関連記事

  1. 地方ほど高い薬剤師の求人数と給与額と地域差について

  2. 薬剤師が転職を成功させるコツ

  3. 転職サイトをうまく活用する為には?

  4. 病院薬剤師の経験は調剤薬局への転職に有利なのか?

PAGE TOP